定期預金の解約を行うには本人が直接銀行に出向き解約の手続きを行うのが正式な方法である。

がしかし、何らかの原因(例えば本人が病気などで動けないなど)で銀行に出向くことができないときは、銀行に電話して解約の手続きを行うことが可能である。

新規に定期預金を申し込むときに電話番号を登録してあるので、その電話番号から預け入れしている銀行に電話し定期預金を解約したいという旨を銀行員に伝えればよい。そのときに本人は病気で動けないため解約の手続きは代理人が出向き行うということを伝えておくこと。

代理人が銀行に出向くときは以下のものが必要になります。

  • 通帳の印鑑
  • キャッシュカード
  • 代理人の公的身分証明書(免許証・保険証など)
  • 預け入れ本人の公的身分証明書(免許証・保険証など)

電話にて銀行に連絡するのは登録してある電話番号から必ず本人が行う必要がある。しかし本人が病院に入院していて電話番号が自宅であった場合には連絡することができない。(違う電話番号からは手続きを行えないので)

そのようなときは自宅の電話番号の他にもう1件携帯番号を追加登録するということが可能なので予め携帯の電話番号を追加登録しておきます。そして追加登録した携帯番号から本人が銀行に解約の電話をすればよいわけです。

電話番号を追加登録する方法

  • 0120-860-777 に電話する。(自動音声)
  • サービスコード ① をプッシュ。
  • サービスコード ① をプッシュ。
  • オペレーターにつながったら携帯番号の追加登録を行う。

なお登録する際には手元に通帳を用意しておいてください。
土・日・祝も電話可能です。AM9:00~PM9:00まで。

追加の電話番号は翌営業日には登録されますから、登録されたら本人がその電話から銀行に解約のための電話をします。

オンラインで打ち合わせできます

  • パソコン画面を共有し資料を見ながらのご説明が可能です
  • 実際にお会いしている感覚でお話できます
  • 電話/メール/チャットもご利用いただけます